今年一番の大感動旅鉄がここに集結 鉄旅 OF THE YEAR
鉄旅オブザイヤー 2020授賞式レポ

表彰式:司会暖かな陽気に包まれた4月21日(水)、大宮・鉄道博物館にて「鉄旅オブザイヤー2020」授賞式が行われました。
新型コロナウィルスの影響を受け当初の予定から延期となりましたが、人数制限や検温・消毒などの感染症対策もしっかりと行う中で、この晴れやかな日に記念すべき第十回となる授賞式となりました。
旅行会社からは45作品、一般部門からは過去最多の81作品の応募をいただきました。
それぞれグランプリ、ベストアマチュアに選ばれるのはどの作品でしょうか。
司会はおなじみの女子鉄アナウンサー久野知美さんとお笑い芸人のダーリンハニー吉川さんです。

冒頭は堀坂実行委員長からご挨拶をいただきました。

―コメント抜粋―
表彰式今年で10回目となる鉄道オブザイヤー、2月3日実施予定でしたが、緊急事態宣言の発令のため、本日に延期して実施の運びとなりました。
昨年度はご支援いただいている鉄道各社、旅行会社は大変な年となりましたが、今回旅行会社から45商品、専門学校などから81作品ものご応募をいただきました。
今回、この場で投票によりグランプリを決定することや、国土交通省鉄道局長賞を新設できたことなど、新たな取り組みも様々ございます。
このような情勢ですが、鉄道の旅は夢を持てます。今後も、JR6社様の協力も頂きながら、鉄旅オブザイヤーの認知度向上に取り組みたいと考えているので、引き続きのご支援をお願い致します。

国土交通省 鉄道局長賞
クラブツーリズム株式会社
大塚 雅士さん
とどけよう元気 東日本応援企画
お座敷列車華で行く館山日帰りの旅
大塚 雅士さん2019年4月9日大きな台風が房総半島を襲いまして、大きな被害を出しました。旧知の先輩から一緒に何か元気になれることをやろうと誘っていただいたことが、この企画のきかけでした。台風の被害にあって大変な時に、JR東日本様にも無理を言って、難しいコースを実現してもらいました。参加いただいたお客様にも好評、学生も一生懸命取り組み、第2回・3回を企画しています。本日は誠にありがとうございます
 「旅に出よう!日本を楽しもう!」賞
株式会社小田急トラベル
赤堀 裕貴さん
北海道から九州まで!
日本列島鉄道縦断ツアー
赤堀 裕貴さん

この度はこのような素敵な賞をいただきありがとうございます。
日本一周と言うことで、北は稚内から南は鹿児島まで縦断をする、大掛かりな企画をいたしました。
ご協力いただきました、関係者各位には心より御礼申し上げます。
この壮大なツアーは大変好評をいただきまして、今後は、日本「横断」というツアーも企画したいと考えています。
今後も、鉄道ファンの皆様に喜んでいただけるツアーを作りたいと思いますので、これからもよろしくお願いたします。

以下、各部門賞を受賞された皆様には、グランプリ獲得に向けて想いのこもったプレゼンをしていただきました。
 エスコート部門賞
クラブツーリズム株式会社
増成 宜迪さん
<ひとりの贅沢>
『九州鉄道三昧 ~4社共同特別企画 くまもと応援編~ 3日間』
増成 宜迪さん 『九州鉄道三昧 ~4社共同特別企画 くまもと応援編~ 3日間』プレゼン画面
 パーソナル部門賞
株式会社JTB
嘉陽 宗矢さん
豊肥本線に乗ろう!阿蘇・熊本
嘉陽 宗矢さん 豊肥本線に乗ろう!阿蘇・熊本プレゼン画面
 DC部門賞
株式会社日本旅行
横山 真美さん
せとうち広島デスティネーションキャンペーン
JRで行く!瀬戸内スペシャル
横山 真美さん JRで行く!瀬戸内スペシャルプレゼン画面
 鉄ちゃん部門賞
株式会社読売旅行、
株式会社日本旅行、
株式会社旅行読売出版社、
第三セクター鉄道等協議会
三セク鉄道のオリジナル印“鉄印”がもらえる「鉄印帳®」付ツアー
9つの列車をツナグ!みちのく鉄道周遊
株式会社読売旅行、株式会社日本旅行、株式会社旅行読売出版社、第三セクター鉄道等協議会 9つの列車をツナグ!みちのく鉄道周遊プレゼン画面
 ベストアマチュア賞
東浦 拓斗さん
四国の三兄弟に会いに行く!小学生が考えた四国全県制覇の旅!!
東浦 拓斗さん

四国の三兄弟に会いに行く!小学生が考えた四国全県制覇の旅!!
この作品がベストアマチュア賞に選ばれて本当に嬉しいです。本当にありがとうございました。 将来は、鉄道関係の仕事に就きたいと思っています。
 グランプリ
株式会社読売旅行、
株式会社日本旅行、
株式会社旅行読売出版社、
第三セクター鉄道等協議会
三セク鉄道のオリジナル印“鉄印”がもらえる「鉄印帳®」付ツアー
9つの列車をツナグ!みちのく鉄道周遊
この度はこのような名誉ある賞をいただきましてありがとうございます。
一昨年から鉄印帳の構想段階から携わっていまして、このような賞をいただくとはその時には夢にも思いませんでした。
まず多くの地方鉄道関係の皆様方とやはり一緒にこの喜びを分かち合いたい。
また、この賞を機にますます鉄印帳で地方鉄道を盛り上がっていくことを期待したいです。微力ながら弊社もツアーを作ってご送客申し上げたいです。本当にありがとうございました。
株式会社読売旅行、株式会社日本旅行、株式会社旅行読売出版社、第三セクター鉄道等協議会


最後は審査委員長のご挨拶をいただきました。
―コメント抜粋―
審査委員長のご挨拶これで10年になりますね、皆さまここまでありがとうございます。
新型コロナウィルスの影響も懸念される中、感染症対策に対する皆様のご協力を得て、開催できたこと、嬉しく思います。
これまでは硬派な趣味に訴える作品がが多かった印象ですが、今回で鉄旅の分野も大きく広がってきた、そんな感じがしました。
今年は5作とも本当にすばらしく、僕も参加したいなというレベル。企画が磨かれ、驚きと感動をくれます。ますます皆様のアイデアがまた新たに生まれることを期待しています。

集合写真こうして盛況のうちに鉄旅オブザイヤー2020授賞式は無事終了となりました。
受賞された皆様本当におめでとうございます。次回はどんな作品が選ばれるのか、今から楽しみです。